伊藤尚美「詩を描く」

大胆に、繊細に、大らかに、可憐に……。水彩の美しい色合いをシルクスクリーンで見事に表現し、日本のみならず世界中に多くのファンを持つテキスタイルブランド「nani IRO textile」。そのデザイナーであり、水彩画家・伊藤尚美さんの著書「詩を描く」が2016年3月に発売されています。

ブランドの15周年を記念し、これまでの活動の集大成として作られたこの本は、なんと256ページフルカラー。美しい写真に自身の言葉が添えられ、nani IROの模様ができるまでの一年が制作者の視点で綴られています。作業の工程にとどまらず、日々の暮しの中での心の動き、インスピレーションの源を感じることができます。nani IROの名前の由来となるハワイへの旅行記や海外のファンからのインタビューなどの特集も充実。著者の溢れんばかりの想いがすみずみにまで感じられる本です。

伊藤さんとは2015年2月の布博でトークショーをご一緒させていただきました。そのときのことが本の中で少し触れられています。このような特別な本に名前を載せていただけたことをとても光栄に思います。

nani IROが生み出すものはたくさんの人が関わり作られる量産のものでありながら、アーティストの個性がほとんど損なわれていません。アーティストの感性に心から敬意を払う企業と、企業を信頼しどこまでも純粋に良い作品を生み出すことに専念するアーティスト。制作チームの関係性は、奇跡といっても過言でないくらい理想的なかたちのひとつだと思っています。布地をお店で取り扱い、伊藤さんの人柄に触れ、絵が生み出されるアトリエにもお邪魔して、そんな風に感じました。 表現をして生きていくことを志す多くの人に、ぜひ手にとってもらいたい一冊です。

本は一般の流通ラインとは異なった形の出版のため、取り扱い店舗が限られています。現在取り扱っている店舗はこちらから確認できます。また、取り扱い希望のお店も随時募集しているようなので、ご興味を持っていただけた方はリンク先のHPより連絡してみてください。

彼女の素晴らしい感性に少しでも多くの人が触れてくれることを願います。

伊藤尚美「詩を描く」

伊藤尚美「詩を描く」