「装いの庭」をはじめます。

10月に入り、北杜市に移住してから半年が経ちました。今後の活動について、少しずつ準備が整ってきましたので、みなさんにご報告させていただきます。

この度、「装いの庭」という屋号での活動をスタートします。

装いの庭は、“装うこと”を切り口に、洋服やアクセサリー、小物、インテリアなどのジャンルの選りすぐりのデザイナーやお店の情報を紹介していく活動です。活動の第一歩として10月下旬より、展示やワークショップ、イベント情報を紹介するメディアサイトをオープンします。展示などの情報のほか、取材やインタビューを積極的に行い、読み物として多くの方にたのしんでいただけるサイト運営を考えています。

優れた作り手たちは、いつも挑戦を続けています。それぞれの中にある美意識と、受け取り手との接点を探して。この世界では、どんなにワクワクするものや美しいものでも、理解し、手にとってもらえなければ生き残っていくことはできません。

「ワクワク、ドキドキさせてくれる作り手たちの創造力を応援したい」「クリエイティビティをもっと自由に発揮してもらいたい」。いつからかそう考えるようになりました。そのためには、今は世の中の許容範囲が狭すぎる気がしています。装いの庭では、挑戦を続ける人たちとともに、狭くなってしまった許容範囲を切り開くような活動をしていきたいと考えています。

装うことはもっと自由で多様性を持っていていいはずです。一人ひとりが好きなものを自分らしく纏ったらいい。かっこつけたり、かわいらしくしたり、面白かったり、時には気を抜いてラフにしたり……。人の目も気にしつつ、自分らしさに向き合って想いをめぐらせたのなら、装うことは、きっと、もっと、たのしい。

サイトURLなどの詳しい情報はまたリリースのときに記載させていただきます。活動を始めるにあたってグラフィックデザイナーの岡崎直哉さんにお願いして名刺とロゴを作りました。固い印象の文字の、絶妙に角を取ってくれている感じ、すごく気に入っています。印刷は特別感を出したかったので啓文社印刷工業に活版印刷でお願いしました。ありがとうございました。

まだまだこれからの活動ではありますが、応援していただけたら幸いです。どうぞよろしくお願いします。

「装いの庭」をはじめます。