冬に向けて

ぼくにとっての一番の財産ってなんだろう? と考えたとき、答えるとするなら、一緒に仕事をした人たちとの信頼関係だろうと思う。

冬に向けて相談を受けた企画で参加してほしいと思った人たちに声をかけた。東京からすれば地方だし、集客力もわからないような企画で、このタイミング、忙しい時期にも重なっているから頼むほうとしてはかなり勇気がいる。それでも、この人は!という人たちに気持ちよく引き受けてもらうことができた。引き受けてもらえたこともそうだし、久しぶりに一緒に仕事ができるのもとてもうれしい。お願いした相手の人たちも喜んでくれて、こういう風に思い合える人たちがいるのは宝だ。

冬に向けて

流しの洋裁人、工業用ミシンを手に入れる!

うちの母親が工業用のミシンを要らないというので、富士吉田市で一緒に仕事をしている同僚・流しの洋裁人の原田陽子さんと一緒に引き取りに行ってきました。

工業用ミシン、中古をネットで探しても10万以上は軽くするのでかなりお買い得です。しかも工業用のロックミシンも手に入れたからさらに倍お得。

誰かにとって不要なものは誰かにとって必要なもの。あたらしく作り、新品を買うのではなく今あるものを活かして生活をつくっていく。こういう考え方がとても好きです。憧れの一軒家よりも手に入れられる範囲の中でよいものを選び、ゆっくりと時間をかけてそれを自分の形に変えていく。そういうほうが人生楽しく生きられると思うんですよね。仕事に対してもそう。今目の前にあるものを活かして、より良い未来をつくることを考えることが大事だと思ってます。

独立したとき、ありがたいことにお話いただく機会があって、目の前にはいくつかの可能性のタネが散らばっていました。でも、ちょっとバラバラ過ぎました。ぼく個人でできることの範囲を超えたことをやろうとしすぎていました。いくつかのタネを蒔いてみてそのことに気づけたのは幸運だったと思います。いろいろやってみて、できることは結局多くないと思いました。たくさん蒔いたタネの中でも育てられる芽はほんの一握り。そういう取捨選択を繰り返していくのが人生なんでしょうね。

えーっとなんでこんなこと書いているのか。。

とりあえず、職業用のポータブルなミシンを背負って全国を渡り歩く流しの洋裁人は自宅に工業用ミシンという強力なマシンを装備し、より一層パワーアップしたのでした。今後のご活躍にどうぞご期待ください!

流しの洋裁人、工業用ミシンを手に入れる!

地域のコミュニティ

地域の商工会議所の青年部の集まりに2回、顔を出させてもらいました。それぞれが事業を営んでいる、あるいは家業に入っている人たちの集まりです。そこでの話の進み方やコミュニケーションが今まで経験してきたものと違って新鮮です。

集まる人たちによってつくられていくものはこうも違うのかと、関わる人たちによって巻き込み方はいろいろあるんだなと。地方の都市で育ってきた土地で暮らす人たちならではのつながりの作り方。外から来た一風変わった異物として街の人たちと良い形で関わっていけたらと思います。

地域のコミュニティ

日記をはじめます。

山梨に引っ越して、2年が過ぎました。同時に、「一人でやってみよう」と決意してからも2年が過ぎました。きちんとできているかと問われれば、「全然」としか答えられないような日々で、よくまぁ生き延びていると思います。それでもできそうなことや役割がなんとなく見えてきている気はして、その度に気持ちを締め直して毎日を過ごしています。

独立をする前からやろうと思っていてできなかったことのひとつに日々の記録の更新があります。もうほんとにできない。やる気になれば、時間ができて落ち着けばできると思っていたけれど、そもそも日記とか続いたことがなく、落ち着く日も来ませんでした。仕事がないときは「まだ何もやってないから」と書くことをしませんでした。仕事をもらえたときは「今は目の前の仕事をしなくてはいけないから」と、筆を取る時間を作ってきませんでした。そんな風に思っていたらこの2年間、日記を始める日は来ませんでした。

なので、ここらでひとつ踏み出すことにしました。続けられるか自信はないから、まずはひっそりと予行練習のつもりで思っていること、やってみたいこと、やってみたことを綴っていくつもりです。さてさてどうなることやら。

日記をはじめます。